人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

モスクワ

今日で8月も終わりですね〜昨日はまたまた午前様まで飲んで踊ったのですが、朝は教会の鐘で一度起き、二度寝してから8:00の朝食会へ行きます。この弾丸ツアーでは去年もそうでしたが、着いた日は30時間営業で毎晩夜は遅く睡眠は3時間程度なんで、帰りの飛行機で寝続けて睡眠不足の補強です。そんな今日も8:00朝食。僕らは去年もレストランの一番奥の席で朝ご飯を食べるのですが、その外には去年までは無かったオープンカフェがあります。そういえばモスクワの規制が変わったのか?去年はなかったオープンカフェを路上に作っている店が多くなりました。昨日のスタバもあったなあ〜
モスクワ_a0271402_10541206.jpg
毎日目玉焼きを焼いてもらうのですが、僕はターンオーバー派です。このおば様に焼いて頂くのですが僕「2friedeggs,turn over.With bacon.」と毎日頼みます。するとおば様なんと一度に2つのフライパンで次のお客のオムレツを作りつつ、目玉焼き2ヶを片手で返しターンオーバーにします。すご腕!で、本日もシャンパンとイクラもいただきます。
モスクワ_a0271402_10542088.jpg
部屋に戻ると簡単な日本語の新聞がドナノブにかけてあります。これを読み少し休憩してからロビーです。早めに来ているサーシャと少し会話します。おや、今日はセクシーなニットワンピーですね。あれ?初めてスカート姿。それをネタに会話します。僕「今日はすごく大人ぽくてSEXY!初めてスカート姿だね?すごく似合うよ。もともと美人だけど、今日は一段と美しい!」で数少ないロシア語から「Кадзуичи Окура.Ты мне нравишься.(美しい・君を好きだよ。)」サーシャ「ロシア語上手ですね〜」と顔を赤くして「○○さんも、いつもお洒落で素敵です。今日は服を○○さんのお洒落に合わせてきました。」ですと!僕「Круто?(僕っていけている?)」サーシャ「Да!」というわけでツーショットを撮って貰う。どう?お似合いのカップル?年の差30歳だけど…そんなしていたらみんなが集合してきて、ドライバーのセルゲイさんもお迎えに来ました。
モスクワ_a0271402_10542133.jpg
本日はまずは日本主催のお茶会のお手伝い。昨日見学した1812年記念館の会議室で選ばれたスパスカヤタワーの関係者、その縁者を対象に行われます。お手伝いと言っても僕は設営を手伝い、あとは記録写真撮るだけですが…去年はお茶会が始まるとロシア語は解らないお客様に英語で茶の湯と戦国時代の武士道の話を参加した数名に説明しましたが…今回はロシア語しか通じないお客様なので無理!2時間ほどのお茶会が終わり僕らも一服いただいてからお昼です。(しかしロシアは美人が多いですね〜写真撮る者としては意欲が出ますね〜)
モスクワ_a0271402_10542165.jpg
昼はそれぞれ別行動って事になったので僕はサーシャと近くでってなる。サーシャがスパスカヤタワーのグム百貨店の関係者食堂に行きますか?というから僕「あそこは無料だけど不味いから、このあたりでいいレストラン知ってない?ご馳走するから!」で、サーシャが知っている店があるというので赤の広場から少し歩いてホテルの1階にあるレストランへ。このレストランも去年まではオープンカフェは無かったのだそうで…僕らはそのオープンカフェ部分のソファーに席を取る。僕はシシカバブ、サーシャはビーフストロガノフです。僕「グムの関係者食堂もビーフストロガノフ出たけどあまり美味しくなかったよ。ここのほうがいい!」で、ビアで乾杯。しかし絵になる美人ですね〜〜惚れちゃうな〜
モスクワ_a0271402_10542126.jpg
食後は分散していたみんながホテルで集合し、セルゲイの運転するスパスカヤタワーVIP用の車で無くワゴンタクシーで移動。まずは日本の戸田祭りで使うロシア国家の吹奏楽版のパート譜を探す。これりゃあ〜僕は用は無いので、楽譜屋の前の公園で楽譜屋の隣のアパートをスケッチして待つ。短い時間だったので未完成。次はサーシャを降ろしモスクワ郊外へ向かう。今日はロシアのお金持ちのみなさんが美味しいウズベキスタン料理をご馳走してくれるということ。
モスクワ_a0271402_10542270.jpg
モスクワ大学のそばというけど車で1時間以上かかって現着。着いたのは高級そうなЦЫцЫдАというお店。集まったのはロシアのお役人、ロシアの建設会社の会長、ロシア駐在の商社マン、ロシア駐在の中国の建設会社の女性でした。これが会話がすごいロシア語しか話せないロシア人、ロシア語と英語が話せるロシア人、日本語しか話せない日本人、ロシア語と日本語と中国語が話せるモンゴル人、英語と中国語しか話せない中国女性。結果英語が主力で会話はすすみ。За встрéчу ! (ザ・フストりェーチュ)出会いを祝して乾杯です。僕は酔えば英語はペラペラになるので会話とお酒を楽しみます。時折ロシア語も!この店赤ワインはデキャンテージュしてからサーバーされるのですのできっと高額。ま、ゴチだからいいけど…赤ワインはチェイサーで乾杯はウオトカってハードさ。3時間飲み続け…で、僕は1時間で1度はタバコを吸いに行くのでロシアの方から「水タバコなら店内で吸えるから。」と勧められ水タバコ初挑戦です。なかなかGOODで!で、お茶とケーキでしめて。最後に記念写真です。下がこの前に僕が撮った写真、これは店員の女性に撮り方を教えて撮って貰ったもの。下の僕が撮ったショットがあるから、この和やかさで写ってます。
モスクワ_a0271402_10543336.jpg
みんな大爆笑でしょう?4ヶ国語でスピーチして笑わせました。何言ったかって?それは企業秘密!それにしても、いろいろな国の人が集って楽しい夜でした。というわけで今日も午前様。えーー明日帰るのに!


by dancyouteinitijyo | 2018-08-31 11:10 | | Comments(0)

モスクワ

今朝寝たのが2時近かったのですが、なんと朝5:00に教会の鐘でたたき起こされました!僕の部屋の窓から見える教会の鐘でしょうか?結構すごい音量!朝食を8:00にという約束だったので、起きてもしかたないから二度寝です。で、2時間後に起きて朝の一服。モスクワの楽しみの一つは、このホテルの朝食です。すごく美味しいのです。僕は普段は朝ご飯は食べませんが、ここではがっつりいただきます。僕らが朝シャンと呼んでいる朝からシャンパン付きで、ロシアンパンケーキにイクラをたっぷり載せて!これが病みつき!ロシアンパンケーキはいろいろ種類があります。まるでクレープのブリヌイはブリトーみたいに具材を入れて丸めてパクリ。チーズがたっぷり入った厚めのスィールニキが一番イクラに合います。画像で言うと皿の左2個がスィールニキ、右がブリヌイです。これで1時間ほどかけて朝からシャンパン3杯です。おかげで昼は食べれません。
モスクワ_a0271402_10540185.jpg
お迎えが来るまで僕は部屋でスケッチです。今朝、鐘が鳴った教会を描きます。で、まだ時間があったので、腹ごなしにお散歩。去年は着いた日の夕に散歩したメトロ駅と丸亀製麺まで歩いて見ました。残念!丸亀製麺はまだ開店していませんでした。でも、すでに1人開店待ちしている女性が…人気なんですね。お迎えの車が来る時間までスタバでガスウォーターを飲んで待ちます。
モスクワ_a0271402_10540164.jpg
今日は主要な予定が目一杯の1日です。まずは、1812年記念館の見学。僕らはスパスカヤタワーのVIPのお客なんで、赤の広場まで車で乗り入れできます。クレムリン内もOKのようですが、少しは歩いた方が良いので赤の広場の象徴的ワシリイ寺院のあたりで降りて歩きました。僕らのVIPのIDだとセキュリティーエリアの通過が自由なんです。だから一般の観光客のみなさんが行けないところも、長蛇の列のセキュリティーもフリーパスです。しかもタクシーが入れないエリアも車だし!なので、大勢で歩いている中国人の観光客の団体が「なんだあいつら?」って恨めしそうに見ます。そんなしてショートカットで博物館に到着。館長の案内付きで1812年博物館を見学できました。しかもほぼ貸し切り!ここはその名の通りナポレオンの連合軍をロシアが破った様子が展示されている博物館です。館長曰く、70万人のナポレオン連合軍に対して40万人のロシア軍は第2の首都であるモスクワを守れず捨てて逃げるしかなかった。で、自らクレムリンに火を放ち、ナポレオン軍はクレムリン攻略で手に入れるつもりであった食料も燃料も無い状況になり、寒さと飢えから退却せざるを得なかったという事。ちょいと幕末の北越戦争に似ているかな?チャイコフスキー大序曲1812年のクライマックスにあるような派手な大砲の撃ち合いはなかったのだそうで…さて、ここに展示してあるナポレオン軍のキッチンカーは世界に1台しか残っていいのでフランス政府が返せと言っているらしいですが、戦利品なんだから返さないって館長は言ってました。小さな博物館ですが、説明が通訳も交えるので時間がかかり2時間ほどの見学でした。すごく面白かったですが…全部は書きません。

朝沢山食べたので昼は抜きにして一旦ホテルで休憩です。通訳のサーシャはお昼をスタッフの食堂(グム百貨店内)へ行くというので別行動です。また時間が来たらホテルに迎えに来るそうで…​ほんの少しロビーで休んだらお迎え。早い!
モスクワ_a0271402_10540292.jpg
またまた車で今度はクレムリンです。クレムリン宮殿迎賓館でのウエルカムパーティと歓迎の演奏会に招待されております。これがこのスパスカヤ塔の目玉ですね。ロシア皇帝の宮殿、プーチン大統領がお客様を迎える大宮殿に入れ、絢爛豪華な装飾の王座の間でパーティ、そして皇室音楽隊の演奏が聴けちゃうのです。こりゃあ〜一般人には無理な事でね〜で、ドレスアップした日本代表女子軍団と皇室専用階段で記念写真。
モスクワ_a0271402_10540202.jpg
宮殿に入ると勝手知ったる他人お家!去年覚えちゃったので勝手に皇室専用の隠しエレベータで。みなさんはプーチン大統領用の階段で行きましたけど3階分は登るのでね〜で、王座の間(プーチン大統領が勲章を与える部屋です。すごい豪華ですよ。ちょいと王座の上にフリーメイソンの紋章のようなものがあるのが気になりますが…)ここでシャンパンと極上のアルマニャックが振る舞われました。各国のVIP(音楽祭の)が集うので英語で会話です。おぉ〜グローバル!
モスクワ_a0271402_10540243.jpg
で、歓迎の演奏会です。演奏会が始まる前に功労のあるVIPには鍵が贈呈される。なんと日本から3人もいただいちゃう。先ほど博物館でも説明を受けましたが、ここロシアでは1812年の時も功労があった者に大きな鍵を贈呈したのだそうで…何をあける鍵?車の鍵とか家の鍵ならわかるけど、ただの大きな鍵。衆人の前で授与したのは6人くらいだけど、聞いたら後で僕にもくれるのだそうで…何の功労?ま、いい記念になるか!僕らの長、サブリナさんが一番最初に授与です。※サブリナさんはモスクワ大学の日本語の教授、1970年には大阪万博のソビエト館のコンパニオンだったお方。今は日本とロシアを行き来し、日本とロシアの文化的交流の重鎮なんです。去年このスパスカヤ塔に参加するにあたって日本で知り合いました。それ以来、年に何回か日本で飲んでおります。すごくいいお方です。そうこうしているうちにYAMAHAが挨拶して演奏会のスタートです。今回はロシアのソプラノとモンゴルのテノールの歌手がオペラを歌いました。このホールというか宮殿の大広間は響きが素晴らしいので、演奏が華やかで映えます。うっとり豪華絢爛な歌曲の夕べを楽しめました。ほんとVIP!で、そんな余韻もつかの間、宮殿を出てスパスカヤ塔音楽祭が行われる赤の広場の特設会場へ急ぎます。えぇい!車で乗り付けちゃえ!
モスクワ_a0271402_10541171.jpg
この音楽祭のために特設された7000席の客席は赤の広場にあります。去年もVIPカテゴリーのエリアの中央の席でしたが、今年は2列目中央、さらに1列目にはお客がいないので最高の席です。1列目は手すりが邪魔でね〜Tattooとはイギリス発祥の軍楽隊の音楽祭ですが、ここスパスカヤタワーではかならずしも演奏するのは軍楽隊とは限りません。開催期間中の8日間毎晩20:00から始まり1団体8分の演奏で15団体ほどが演技し、最後に大序曲1812年を合同演奏します。去年は10回記念大会だったせいか演奏は上手な国が多かったですが、今年は演奏はイマイチで…ロシアの軍楽隊だけがい演奏で…ただダンスはどこも綺麗でした。特にアイルランドのリバーダンスは綺麗でしたね。あとオランダは自転車に乗りながらの演奏はアクロバチックで面白かったです。(プログラムが無いのでどこの国が出たか全部は覚えて無くて!あとで貰った冊子に載っているようですが読めない!)
モスクワ_a0271402_10541103.jpg
22:00過ぎ合同演奏開始です。大序曲1812年は大砲の空砲付き、鐘は本物のチャーチベルです。すごく迫力有る!で、曲のクライマックスから花火が正面ワシリイ寺院の上に打ち上げられます。このワシリイ寺院にはプロジェクションマッピングがされていていろいろな絵が映し出されます。右手ルビーの星のある建物が題となっているスパスカヤタワーです。5分ほどの花火ですが観客総立ちのスタンディングオベーションで終えます。実はこのTattooが夜なのは花火を打ち上げたいかららしいです。今年の演奏はイマイチでしたがダンスはどれも素晴らしく、最後の1812年は良かったのでまあまあ感動しました。
モスクワ_a0271402_10541222.jpg
演奏が終わると赤の広場の特設テントで懇親会です。ビックテントと呼ばれる1000人は入るテント内でビュフェスタイルで飲み食いします。毎晩22:00くらいから、遅い人は26:00過ぎまで飲んでいるそうです。もちろんウォトカですね!で、各国の方々と交流です。去年はスエーデンの方々と親密になってベラルーシの女性たちと踊りましたが、今年はオランダのみなさんと踊りました。いつも海外へ来て思うのですが、国としてはお互いに仲良くなかったりしても、こうして音楽を通じて一緒に飲んで語って踊れば、国境はありません。ここに集うみんなが言葉は違っても理解し合えるのです。それはとても楽しく素晴らしいことだと思います。いつしか外はゲリラ豪雨の様相でしたが、テントの中は晴れ晴れと和やかでした。踊るぞ〜〜
モスクワ_a0271402_10541258.jpg
結局、慣れないワルツも女性とペアで踊って、しこたまウオトカをいただいて…今日も午前様です。お迎えは去年もドライバーをしてくれたセルゲイさんですが、雨だからとテント前まで乗り付けてくれました。いつも親切にありがとう!

by dancyouteinitijyo | 2018-08-30 11:05 | | Comments(0)

1年ぶりにモスクワへ。

去年も同時期にモスクワ・クレムリンへСпасская башня(英語名:SPASSKAYA TOWER 和名:スパスカヤ塔)という名のモスクワの日に行われている音楽祭にお呼ばれし視察で行きます。
↓スパスカヤタワー公式HP英語版
↓去年の模様

 (この音楽祭に日本の団体を誘致したいロシア側のオファーで行くのですが、8月の終わりから9月の頭で開催という時期が悪く、日程が9日間と長いのが難で誘致が難しいのです。すごく盛大かつ豪華な音楽祭なんで…ぜひ、どこか連れて行ってあげたいのですが…)
1年ぶりにモスクワへ。_a0271402_10535244.jpg
今年も忙しい時期ではあるので全行程で無く一番大事なところを視察できる3泊5日の弾丸ツアーです。成田からアエロフロートで8時間半ほどかけてモスクワを目指します。食事2回と赤ワイン3杯に映画を1本見て、CAさんに僕の数少ないロシア語で話しかけ、発音とかを直してもらいながら…去年より少しボキャブラリを増やしました。で〜モスクワ。
1年ぶりにモスクワへ。_a0271402_10535276.jpg
モスクワ空港に着くと通訳とお出迎えの車が待っているのですが、一緒に来た商社のMさんのスーツケースが出て来ずに…僕だけタバコを吸いたいので先に入国です。去年来ているので地の利は知っているのでね〜出るとさっそくСпасская башняのロゴマークを持ったロシア美人の通訳を発見!すごい美人だ!ラッキー!さっそく握手しながらロシア語でご挨拶。「Очень рад Познакомиться.Какая красивая!Можно сфотографировать?(貴女にお会いできて光栄です。貴女はなんてお美しいんですか?写真撮ってもいいですか?)」で、後は英語でほかの2人が出て来ない理由を言って、僕は10時間以上タバコを吸っていないから一旦外に出て2本ほど吸ってくると伝える。ふぃ〜きくなあ〜iQOS2本でクラクラ!また面倒なセキュリティーを通って戻るとまだ2人は出て来ない。しかたなくしばし彼女と駄弁っている。彼女はAlexandra Dyomkinaさん。「でもサーシャと呼んで下さい。」という。日本語を大学で勉強し6ヶ月間交換留学生として日本に来たことがあるらしい。すごい美人だから口説きたいところですが、新婚さんで1歳の子持ち、旦那さんはIT企業で働いているとのこと。残念!しかし若く見えるな〜僕「ハラショー。」そこへやっとみなさん出てくる。で、渋滞の中お出迎えの車でクレムリンを目指します。
1年ぶりにモスクワへ。_a0271402_10535242.jpg
今年も去年泊まったHotel Baltschug Kempinski Moscowです。またまた一人で泊まるにはもったいない広い部屋です。窓からの景色は去年よりいいです。このホテルからクレムリンは近いので立地がいいのです。チェックインし荷を解くとすぐにロビーに集合です。これから先に来ている日本代表のみなさんと合流し夕食会です。ホテルから歩いて2〜3分のところにあるスカンジナビア料理の店Бьёрнってお店。なんて読むのでしょうね?
1年ぶりにモスクワへ。_a0271402_10594813.jpg
みなさん集まってウォトカで乾杯です。なんだか緑色のウォトカ?を勧められ…ロシアではいわゆる乾杯って言葉はありません。トーストとかナズダロビーとかを言うと聞いた事がありますが、基本的は乾杯する前に「За встрéчу ! (ザ・フストりェーチュ)」と言ってから杯を合わせます。杯を合わせるときには無言です。僕「За встрéчу ! (ザ・フストりェーチュ)」というとサブリナさん「○○さん!グッドです。そうです。日本みたいに乾杯と言いながら杯を合わせないのがロシア流です。素晴らしい!」とお褒めをいただきました。За встрéчу !=出会いを祝して!です。というわけで出会いと再会を祝して、ウォトカとワインが進みます。飲んだ〜〜
1年ぶりにモスクワへ。_a0271402_10535331.jpg
モスクワは時差がー6時間なので今日は僕らは一日が30時間です。それなのに午前様!シャワーを浴びて明日の準備をして…いやいやもう今日の準備をしてお休みなさい。
by dancyouteinitijyo | 2018-08-29 10:53 | | Comments(0)

ある日乗

車をC-HRにしてから日乗が変わった。その一つが家から会社に向かう日々のルートだ。PRIUSは慣れていたし、家から一番近いガード(我が家から主要道路に出るまでには総武線のガードをどこかでくぐるしかない。くぐらない行き方もあるけどそのためには信号が多くなる新宿駅南口前を通らなければならずバスタが出来てからは混むし行かない。)を通ったのだけど、C-HRはPRIUSよりやや幅広なんで、ちょいと通りづらい。だから迂回して大きなガードを越えるようになったのですが、3日に1度は手前で駐めて自動販売機でペットボトルのコーヒーを買うのです。車での水分補給はこのコーヒーです。
ある日乗_a0271402_21375435.jpg
今日はC-HRにガソリンを補給する日。会社が調布に越して以来、四ツ目のARISTOも黒PRIUSも入れてきた20号沿いの下高井戸あたりにあるENEOSで入れます。今日がC-HRを購入して5回目の給油。走行距離2685.4kmで140.65literなので1literで19km走るって事。同じ頃の買ったばかりのPRIUSは2278.4km走って110.77literの給油だった。1リッターで20.56km走る事になる。ほぼ1ヶ月で407kmもC-HRは走っちゃったって事で、燃費は1.56km悪いって事。それを年間で行くと、予想で2143kmくらいPRIUSより走る事になり、平均燃費で行くとガソリンは113literくらい損になる。1年で現時点の相場から言って16246円の損。PRIUSは8年乗ったので8年間で13万円損するかな?でも、その分運転楽だし、軽快なんでね〜気分的は特かな?どうもそういうタラれば的な計算する体質なんで…ARISTOからPRIUSに買い換えたときも計算しちゃったな!かなり得するなあ〜って!なんて朝から給油しながら考える。僕はARISTOの時も、PRIUSも、ガソリンと走行キロはすべて給油時に記録してデータを残しています。

今日は午後早めに退社。実は明日からモスクワに行くので準備のために早退です。前回はなめた軽装でスーツケースは一番小さいので行って大変だったので、今回は2番目に小さいスーツケースにして、着替えは暑くても寒くてもいいように両方を持っていく事にしました。なんせ去年は寒いはずが暑くて!それでもスカスカのスーツケースですが、大は小を兼ねるのでね!半分は空で!で、準備が終わるとロシア語の勉強です。少しは話せるように!というわけで、またしばらく日記は更新できませんね。3泊5日の弾丸ツアーではありますが…お待ちを!


by dancyouteinitijyo | 2018-08-28 21:37 | 日乗(日常) | Comments(2)

嵐の日

今朝も台風一過でいい天気で暑い。猛暑日だ〜なんで、大村では付けとろろ蕎麦。暑いものね〜納品で都心部へ向かおうと車を出すと38℃!なかなかエアコンが利かない。そんな今日は夕は天気は大荒れの予報。ゲリラ豪雨が都心部を襲うらしく、夜は出かけないよう警報が出ている。20号を走っていると突然の大粒の雨!38℃の駐車場から4km走ったところで豪雨。見れば気温は28℃。えーーー10℃下がった!急に暗くもなり、雨脚は強い。走って逃げる通行人も多い。道路はところどころ排水が間に合わず冠水している。ひぃ〜で、納品を終え帰り道。ナビが何か耳慣れない事を言う。「ルート内に冠水注意が出ている箇所がありますので、冠水迂回ルートを選びますか?」へーーそんなの今のナビには付いているんだ?一応、安全策で冠水よけ。
嵐の日_a0271402_13405637.jpg
家に近づいたら雨も収まったので、スルーして新宿へ。青森でスケッチブックに白紙が無くなったので、買い足し。世界堂へ寄る。今年は下手なりに、時間が無い割には良く描いています。早くも2冊目のスケッチブックが終わりました。まあ高い物じゃ無いので2冊と、マルマン(スケッチブックと言えばマルマン!)60周年記念限定品1冊を買う。せっかくだから今年は下手で恥ずかしいけど沢山描こう!
嵐の日_a0271402_13405736.jpg
家に帰り風呂から出ると連続して雷。それも近い!雷鳴と光がすごい!雨の音も半端じゃない。外でキャーって女性の悲鳴。こりゃあ〜落雷撮れるかな?と、慌ててα7Ⅱを用意して玄関へ。おぉ〜落ちた!で〜30分ほど落雷を撮ろうと待ってたけど、ほとんどが上空で明るくなるだけ。そのうち雨が吹き込んで来るのでびしょ濡れになり断念する。花火より凄いな〜自然の落雷って!不謹慎な!!!!そんな嵐の日。
嵐の日_a0271402_13405722.jpg
結果、雷は写せないし服を濡らせ妻から「危ないしバカジャ無い!」と怒られ…もう一度風呂。

by dancyouteinitijyo | 2018-08-27 13:46 | 日乗(日常) | Comments(0)

ダンダダン酒場

ダンダダン酒場_a0271402_13404563.jpg
今朝も早よからC-HR起動し会社へ行くのと同じROUTEで20号を走る。23日〜始まったビックイベントの最終日です。お隣のアジスタでは芸能人がコンサートなんで駐車場が心配で早めに出ました。で、コンビニでドリンク剤を差し入れに買い、ピタリ駐車場が開く8:30到着。意外に駐車場は混んでませんね。前回と同じ場所に駐めて、ロビー営業開始です。ここはみなさん良く見知った仲間なんでね〜そこらじゅうで立ち話。このアリーナが広いので疲れます。午前中は滞在して、午後は現場のみなさんに任せて帰ります。ちょいばて気味。帰りは高速にする。
ダンダダン酒場_a0271402_13405664.jpg
家に帰り、遅い昼を代々木のダンダダン酒場で。ここの肉汁餃子が好きなんです。いつも良くしてくれる店員さんもみなフレンドリーだし、場所が悪いのか?あまり流行ってはいないのですが、この店は好きです。で〜生中1杯、酎ハイ3杯で帰り、疲れを取るためにカウチポテトで録画を見ます。さすがに疲れて来ましたね〜毎年、この夏の疲れから9月の半ばにダウンするのですが、頑張らないと!
ダンダダン酒場_a0271402_13405617.jpg
夕飯は僕手製ジャンクフードです。豚の挽肉とタマネギのみじん切りを炒め、そこへ大豆の代わりに納豆を投入し、チリとトマトソースで味付けします。隠し味に自家製ニンニク醤油。いわゆるチリコンカルネです。メキシコ料理ですが、アメリカ風にフレンチフライポテトを添え、両方にナチョチーズをかけて食べます。好みでケチャップ、ペパロニソースを!うーーーんジャンクだけどアメリカンは美味い。

by dancyouteinitijyo | 2018-08-26 13:44 | 飲屋 | Comments(0)

台風一過。青い空・青い森

今日は良い天気、青空で湿度もほどよく心地よい。朝は昨日しこたま飲んだから爽快!青森来たら「ねぷた」ジュースです。昨日一緒に飲んだOくんは二日酔いのようですが…パサージュで盛り上がったの途中から意識無く覚えていないそう。おぃおぃ仕事大丈夫?と、午前中は現場でロビー営業です。しかし涼しい風が心地よいな〜午後は青森駅へ戻って昨日書いた因縁の朝市へ挑戦です。
台風一過。青い空・青い森_a0271402_13404320.jpg
駅前でタクシーを降りて昔飲んであろう駅前路地を見る。このあたりで飲んだ記憶が?この駅って店じゃあ無いかな?大分綺麗になっちゃってるけど…あのとき親切だったの駅前の交番のおまわりさんだけって記憶がある。な〜んかみんな冷たくて…駅前市場は綺麗なビルになっちゃって…行って見ると、やっぱり撮影禁止。これじゃあ〜観光用とはいえないね。客も少ないし、買いたい物も無いし、写真撮れないなら歩く意味は無い。で、地下の市場の敷地で一番大きく面積を取っている「りんご箱」って飲み屋に入る。ずっとじょんがら節が流れている。ちょいと無愛想なお姉さんが来て「ランチのお勧めです。」とメニューを渡されたので悩んだ末、ミックスフライ定食に生ビール、痛風3点盛り(本当は違う名前だったかな?明太子、筋子、たらこ盛り合わせだったかな?明太子とタラコって違う物なんだね。)にねぷた漬け(これまた魚卵の数の子と漬け物の和え物)にする。いずれもご飯が進む君です。ミックスフライはカニや帆立の入ったクリームコロッケと白身魚のフライに鶏唐揚げです。どのフライもすごく美味しい!ご飯に贅沢に魚卵たちを載せていただきます。味噌汁も美味しい。ただ、なんか静かな店で…
台風一過。青い空・青い森_a0271402_13404477.jpg
帰りの新幹線は青森駅ビル「ラビナ」の宮脇書店で買ったロシア語のムック本と名前で選んだ「居酒屋ぼったくり」を読みながら…そういえばこの居酒屋ぼったくりも素人が経営する料理屋だからぼったくりって名前にしたというけど、この夏最初に行った福島いわきの「だいこん」って店も素人料理だから「だいこん役者」ってところから命名したって言ってたな〜なんてこの夏を思い出しながら(なんか秋な気分でね〜読書もするしね〜涼しいしね〜)途中から爆睡です。
台風一過。青い空・青い森_a0271402_13404491.jpg
大宮をすぎて眠りから覚める。あれ?寝汗?で〜東京、げ!蒸し暑い!35℃!!!えーーー真夏に逆戻り???1週間ぶりの夏再来です。暑い。。。そんな夕飯は残り物で。冷や奴でオリオンビール美味し。
台風一過。青い空・青い森_a0271402_13404496.jpg

by dancyouteinitijyo | 2018-08-25 13:43 | | Comments(0)

青森へ。

今日は東北大会にご挨拶で青森です。青森は何年ぶりでしょうか?八戸、三沢、津軽はこの10年間で行った事があるのですが、なんと青森市には36年ぶりくらいです。すごい変わってしまっているでしょうね。
青森へ。_a0271402_13402726.jpg
撮影部隊は何時の新幹線か知らないのだけど、僕は駅ネットで適当に割引のある電車を予約し東京駅。まずは旅の必需品の本「かもめ食堂」って群ようこさんの本(初めて読む作者かな?)と、今日は頑張って駅弁屋の混雑に列んで「復刻版 鶏舞弁当」を買う。そろそろ列ばない弁当屋さんで食べたいものが見つからなくてね。で、駅構内で「山手線さんぽ」って東京限定のフィギア土産のガシャポンを1度だけ挑戦する事に。このシリーズって海洋堂が原型制作しているのでいいのです。でも、欲しいのは東京タワーだけ。ま!ガシャポン1発出しの神様の腕見せちゃいますか!(ここのところ必ず1回で欲しいのをGETし続けています。)ほら!出た!東京タワー!

ハヤブサは停車駅が少なくて早いけど、青森までは遠い。途中で駅弁で缶酎ハイ。iPhoneで音楽を聴きながら、買ってきた本を読む。なんと読み終わってもまだ着かない。しまった〜もっと長編買えば良かった!で、トランベールを読みながら新青森。そういえば新青森から青森までどう行くのか?調べてなかった!ま、人の流れに任せて…乗り換え…あ!撮影部隊発見!同じ新幹線だったんだ〜

青森へ。_a0271402_13402785.jpg

みなさんバラバラで来たようですが、新青森で集合しちゃいました。奥羽本線で一駅で青森です。ちょうど特急TSUGARUが来ました。涼しくていい気候ですが、今シーズンの出張初の雨!残念!台風の影響ですね〜今週は涼しくて夏は終わった感ありますが、この立て続けの台風は参りますね〜9月は毎週土日はビックイベントが続くので、台風は困ります。特に北海道は!!!飛行機代が嵩むのでね〜なんて今日の雨と台風を恨みます。ホテルは駅前の東横インなんですが、ちょうど降りが強く…結構濡れてチェックイン。で、撮影部隊のみなさんはすぐに現場へ仕込みに。僕は部屋で窓から見える景色をスケッチして帰りを待ちます。お!スケッチブック1冊終了だ!今年は結構描けているな〜
青森へ。_a0271402_13402819.jpg
みなさんが帰って来て雨だから近くの店に行くとなり、三金寿司へ。赤ワイン無しか〜まずは生ビールで、日本酒です。1杯目は大将のお勧めの地酒を飲んだけどフルーティ過ぎで好きなタイプじゃ無い。なので途中からは田酒です。ホヤ・ウニ・サンマ刺し・ダイヤモンドサーモン刺し、ソイの煮付けで飲む。で、奥様だと思っていた娘さんと大将のツーショット!を撮らせていただきお開きです。
青森へ。_a0271402_13402874.jpg
で〜僕は何を飲んでも、最後は赤ワインでしめないと眠れないので赤ワイン飲めそうな店を探す。カメラマンのOくんもついてくる。「なさそうですね〜」と歩くとなんだか外国の広場みたいな場所がある。青森パッサージュ広場。バルっぽい店が多い。で、バル酒場「お陽さまがみているよ」って店に入り生ハムとチーズでイタリアの赤ワインです。前の店でビールは1杯だけだけど、田酒は結構飲んだんですが、ワインは別腹なんでね〜大きめのグラスで3杯!か?4杯?いい気分で店を出る。
青森へ。_a0271402_13402882.jpg
で、雨上がりの広場のベンチで盛り上がっているアメリカ人に混ざってしばし会話しながらまた赤ワインを飲む。彼らはALTなんだそうで…ALT=アシスタント・ラングイッジ・ティーチャーのこと。僕「ART!日本じゃ〜ETって呼んでいるけど…」で〜みんなんで「タ・ラ・ラ・ラ・ラー」と未知との遭遇の5音の交信メロディ!!!で、しばらく一緒に飲んでいたけど真面目な話ししていてつまらないので、旬菜タパスって店の前で盛り上がっている日本人グループに合流する。なんか可愛い女子が男性の乳首あてをやって盛り上がっている。Oくん無理矢理参戦。しばしそのグループと遊んでから、コンビニに寄ってホテルです。いやあ〜昔の青森と違ってなんかすごくフレンドリーな感じ!実は38年前に初めてこの青森に来たのだけど、寝台特急で朝早く着いて時間潰しに朝市を覗きながらスナップして歩いたのだけど「撮影拒否」は当たり前!カメラ向けるとそっぽ向くし、声をかけても無視され、ある店でホヤ刺し買って食べたのだけどついでに「青森って何が名物ですか?何お土産に買って帰ったらいいですかね?」と聞くと「青森はなんもね!美味しい物もなんもねえし、名物もねえ〜なんも買って帰んないでえ〜」なんて冷たいお言葉。夜、飲みに行ったときも駅前の小さな居酒屋入ったのだけど、カウンターで大将も無口、客全て無口…なんか愛想が無い。「すみません。ビールお代わり。」大将「…」返事をせずにボンてビールを出す。そんなんで3年くらい毎年青森・弘前と来たけど八戸以外はみないい想い出が無い。東京者はお嫌い?だから今のこのフレンドリーさは????まあ〜36〜38年前のことだからね〜変わって当然か!じゃ、明日は禁断の朝市覗いてみるか!(青森パッサージュ広場は楽しい!また行きたいですね〜)

by dancyouteinitijyo | 2018-08-24 13:40 | | Comments(0)

やきとり たまりば

今日は早朝から会社の近く(調布市にある武蔵野の森スポーツセンター)で行われる我が社が協賛しているJAPAN CUPというビックイベントがあるので会社を通り越しC-HRで現場へ直行です。一昨日、ちょいと書きましたが我が社はこの音楽イベントと音楽教育を生業としているので、利益が残るなら多少でも還元しようと言うのがポリシーです。音楽が廃れてしまうと我が社は立ちゆかなくなるから、少しでも普及のお手伝いをしたいのです。この今日のイベントも協賛しています。この催しの売上げを考えると協賛によって折角儲かっているのがトントンか下手すると赤字になります。でも、会社の宣伝になるし、この一つのイベントでは考えないようにしています。トントンでいい!
やきとり たまりば_a0271402_08350489.jpg
で、昼に一旦会社に戻り残りは一日会社にいる予定だったけど、社主様からTEL「緊急入院して、ものが食べれないし動けないので…」いろいろ買って来て貰えないか?って事。ヒマそうな人間は居なそうだし、自分で行く事にする。ドラッグストアやYODOBASHIに寄って頼まれた物を買い病院へ。で、しばらく駄弁る。そういえば…今日はおかげで昼飯は抜きになった。

早めだけど家に戻る。で〜腹が空いたので妻に「今日は昼は遅く食べた?」と聞くと早かったというので、昼を抜いて腹が減ったから今から食べに行く!って事に。何が食べたいかというとこの所無性にタレの焼き鳥が食べたいのです。できれば新宿海老忠か大塚の駒忠…秋吉もいいなあ〜でも、遠出はしたくないので代々木で探すことに。千代通りって南新宿へ向かう細道に確かあったはず…で、「やきとり たまりば」へ入る。予約が入っているので2時間で!と言われる。妻と二人で飲むときにそんな長い時間は飲まない。黒崎茶豆、やきとりは正肉・ネギ間・ぼんじりは2本ずつで、つくねと皮を1本頼む。すべてタレ焼き。前は塩焼きしか許さなかったのに、近年無性にタレで食べたいときがある。この間も池袋の鰻鐵で食べたばかりなのに。タレは甘くて濃くてベタベタするのは嫌いです。でも、安い店で食べると必ずそういうタレだから、いつの間にか塩焼きでしか食べなくなったのです。辛め薄めのサラサラしたタレが好きです。新宿海老忠は濃いけど甘くないしクドくない。駒忠もサラサラでいい。特にというとやっぱ秋吉のさらさら感は好きですね〜昔池袋の会社が在った頃は毎日のように高田馬場で途中下車して秋吉でした。もう潰れてないんだよね〜
やきとり たまりば_a0271402_08350461.jpg
この店のタレは僕の好みの感じで最高です。でも肉が大きすぎるのが難かな?普通くらいの大きさのほうが好きです。大きいと途中で飽きるんだよね。秋吉行きたいな〜そんな一日都内を走り回らされた一日。

by dancyouteinitijyo | 2018-08-23 08:38 | 飲屋 | Comments(0)

C-HR 1ヶ月点検

C-HR 1ヶ月点検_a0271402_08350494.jpg
本日、朝からTOYOTAへ入庫です。新車1ヶ月の点検と、頼んでいたつもりだったのに付いていなかったブラインドコーナーモニターの設置です。たったの1ヶ月で2534kmも走ってしまいました。なんとも良い走りをするし、長く乗っても疲れないので、ついつい距離を伸ばしちゃいました。車を預け、電車で営業し、夕方引き取りに行きました。で、新車購入・PRIUSの名義変更・廃車手続きで汗をかいて貰った営業担当さんにお礼にTOYOTA車のミニカーとか海外で買ったお土産の残りとかがらくたをお楽しみ袋にしてあげました。営業「なにより、C-HRを気に入っていただいて、1ヶ月で沢山乗っていただいて幸せです!プレゼントありがとうございます!」そんな彼の誘導で山手通りに出て、C-HRが見えなくなるまで、いつまでも頭を下げている姿をバックミラーで見ながら、営業ってこうでなきゃね!と思う。そんなC-HR1ヶ月点検の日。

by dancyouteinitijyo | 2018-08-22 08:36 | 日乗(日常) | Comments(0)